FC2ブログ

プロ野球・二次元・ミリタリー(プラモデル)を書きます。

29/9(キュウニジ)萌えはドイヒーの中にある

ポスト王の時代

平成のホークス史は新時代に突入。
平成21年(2009)から秋山幸二の時代。
開幕前のWBCでサムライジャパンが連覇。
イチローの決勝打は見事でした。

4月の開幕マウンドには和田毅。
14奪三振でオリックスを完封。
しかし松田宣浩が右手甲骨折。
多村仁志も開幕前からいない。
結局この月は10勝13敗1分け。
4月末に前ロッテのオーティズを獲得。

5月8日の対西武戦で攝津正が初勝利。
交流戦に入ると初戦の対阪神戦でドロー。
そこから6連勝、4連勝で。
18勝5敗1分けで交流戦連覇。
日本ハムと同率首位に立った。

7月5~18日は単独首位に。
しかし7月は11勝11敗の五分。
8月も12勝12敗1分けと勝ち越せない。
9月2~8日に6連勝。
首位の日本ハムに2.5差に迫るも。
9月は12勝13敗1分けで敗け越し。
10月1日の対楽天戦で敗れ3位に転落。
74勝65敗5分け(3位)に終わった。

CSは第1ステージの楽天に完敗。
ストレート敗けだった。
ドイヒーすぎる
勝ち越したのは日本ハムと西武のみ。
交流戦がなければ借金生活。
チーム防御率は2位だったものの。
打率は4位、守備率は最下位。

打撃陣は長谷川勇也だけが3割。
田上秀則の26本が最高だった。
投手陣は杉内俊哉が15勝(5敗)の活躍。
最優秀投手(勝率1位)と奪三振(204)を獲得。
ホールトンが11勝(8敗)で初の2桁勝利。
攝津は70試合5勝2敗39ホールド。
新人王と最優秀中継ぎを受賞した。
ファルケンボーグは6勝1S29ホールド。
リリーバーも結果を出した。
スポンサーサイト




  1. プロ野球
  2. [ edit ]

プロフィール

五航戦の愛鷹

Author:五航戦の愛鷹
福岡県 第3都市に在住
南海からのホークスファン
応援選手#7・21・32・33・50・51・55
艦娘=翔鶴・瑞鶴・鹿島・愛宕

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -