FC2ブログ

プロ野球・二次元・ミリタリー(プラモデル)を書きます。

29/9(キュウニジ)萌えはドイヒーの中にある

まさに最強、まさに無敵

平成のホークスを振り返るネタ。
今回は平成15年(2003)のシーズン。
前年にチームの柱、秋山幸二が引退。
エースの若田部健一が横浜にFA移籍。
更に主砲の小久保裕紀がオープン戦でケガ。
右ヒザの靭帯断裂っつう絶望的な展開。

開幕戦は対ロッテ戦、開幕投手は斉藤和巳。
7-3で勝利すると、若手投手が勝ち出す。
4月9日の対西武戦(@北九州)で。
ルーキーの和田毅が初勝利すると。
同じ15日の対ロッテ戦(@マリン)では。
同じくルーキーの新垣渚が初勝利。
斉藤・和田・新垣・寺原・杉内の先発陣は。
頭文字をとってSWATSと呼ばれた。
(浸透しなかったけど)
この5人で59勝(28敗)を上げた。

5月16日までに近鉄・西武と同率首位。
対近鉄戦で8点ビハインドを覆しサヨナラ。
ココからホークスが首位を抜け出した。
6月7~9日は近鉄に首位を奪われるも。
翌日からは首位を奪還して、そのまま。

打撃陣は小久保の穴を埋め尽くした。
4番は松中信彦が務め123打点。
サードは川崎宗則が抜擢され、30盗塁。
そして極めつけはダイハード打線。
規定打席到達した6人が3割達成。
井口・柴原・城島・村松・松中・バルデス。
シーズン中に加入したズレータも活躍。
7月末~8月初旬の対オリックス戦では。
32安打で26点、31安打で29点のボロ勝ち。
チーム打率.297はプロ野球新記録を達成。

結果は140試合82勝55敗3分で優勝。
チーム防御率も3.94でトップだった。
城島健司はリーグMVPを受賞。
松中信彦は打点王、井口資仁は盗塁王に。
斉藤和巳は20勝・防御率2.83・勝率.870。
投手部門の三冠を獲得。
新人王は14勝の和田毅が受賞した。
若鷹五人衆
日本シリーズは阪神と対戦。
1・2・6・7戦は福岡ドーム、3~5戦は甲子園。
第1戦にズレータのサヨナラヒットで勝利。
第2戦は13-0で杉内→新垣が完封リレー。
第3戦は2x-1で阪神がサヨナラ勝ち。
第4戦も6x-5で阪神がサヨナラ勝ち。
第5戦にも逆転勝ちで阪神が3連勝で王手。
第6戦は杉内が2勝目でダイエーが逆王手。
第7戦は和田が6-2で完投して優勝。
4勝3敗で4年ぶりの日本一に。
シリーズMVPは2勝した杉内だった。

しかし、福岡市内の優勝パレードの翌日。
「小久保裕紀 無償トレードで巨人へ」
再び業つくばり高塚の暴言が招いた悲劇。
ファンは勿論、選手会も大激怒。
優勝旅行の参加をボイコットする騒ぎに。
そして翌年は更なる悲劇が襲うのデス。
スポンサーサイト




  1. プロ野球
  2. [ edit ]

プロフィール

五航戦の愛鷹

Author:五航戦の愛鷹
福岡県 第3都市に在住
南海からのホークスファン
応援選手#7・21・32・33・50・51・55
艦娘は翔鶴・瑞鶴・鹿島・愛宕

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

« 2020 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -