FC2ブログ

好きなユニフォーム

南海の球団創設80周年を迎えました。
特設HPに歴代ユニフォームもアップされてますね。

南海→ダイエー→今の球団を応援し続け40年。
つうコトで、大好きなユニフォームのベスト3を発表します。

第3位は昭和55年(1980)のホーム。
昨年の大阪クラシックで復刻されましたが、アレは後期のモノ。
南海(1980H)
ドラ2ルーキー香川伸行選手(故人)の初打席初ホーマーで衝撃のデビュー。
日本ハムのルーキー木田勇投手に9戦全敗するっつう屈辱を受け最下位。

第2位は昭和45・46年(1970・71)のモノ。
ノムさんが34歳でプレイングマネージャー(選手兼監督)に就任。
最初の2年間はシンキングベースボールの定着を図ります。
南海(1970)
使用期間が2年と短かったせいで、南海ファンでも記憶がナイ人も多いようデス。
ドラ1ルーキーは佐藤道郎投手(ミチさん)、ドラ2は門田博光選手でした。

第1位は昭和44年(1969)のモノ。
鶴岡(一人)親分の後を引き継いだ飯田徳治監督はユニフォームを一新。
太い肩ラインを取っ払ってグリーンの真ん中にオレンジのラインを入れます。
南海(1969)
しかし先発4投手がケガで離脱、ノムさんもケガで調整遅れ。
主力が、ほぼケガばっかりでは勝てるワケがない。
世間はモーレツだのフォークゲリラだのアポロの月着陸で沸いてましたが。
引き分け挟んで15連敗のワースト記録を作る始末。
2リーグ分裂後の初の最下位(50勝76敗4分け)に沈む結果に。
つうコトで、このユニフォームは1年で消えるワケで。
あのBBM(ベースボールマガジン社)ですらカラー写真を持たないっつう。
しかし、NHKがオールスター第1戦(@東京スタジアム)の開会式のテープを持っていた。
ソコにチラっと移った瞬間は感激しました。
スポンサーサイト
プロフィール

五航戦の愛鷹

Author:五航戦の愛鷹
福岡県第3都市在住
南海からのホークスファン
応援選手は#7・21・33・50・51
ミリネタも大好きデス
艦娘は翔鶴・瑞鶴・鹿島・愛宕
藤井ゆきよ姫と同じ誕生日

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる